メンズミニマリストはレギュラー服制度で開放されて最高の毎日に。

ミニマライクのススメ

こんにちは。

うえっち
うえっち

ミニマルに好きを生きる、ミニマライクを目指しているうえっちです。

早速ですが、毎日の服選びって大変ですね。

でもオシャレに行きたいし、お気に入りの服を着たいと考えていませんか?

本記事は

  • 毎日着てる服にワクワクしない。似合っているかわからない方
  • 毎日の服選びがめんどうな方
  • 毎日を気分よくオシャレに過ごしたいと考えてる方。

そんな方に届けた記事になっています。

服を選ぶのはめんどい。

でもオシャレに生きたいと考えてる人が

特別な毎日を過ごすことができるヒントを得ることが出来る記事になっています。

某会社員
某会社員

めんどうを開放されて、オシャレに過ごせるってすごいね。

うえっち
うえっち

ぜひ最後までご覧ください。

服は多く持つ必要がない

うえっち
うえっち

おしゃれは、大量の服が必要だと勘違いしていました。

を読んで考えが一変しました。

服について真剣に考えたところ

 

  • 自分に似合う事の方が重要。
  • 平日はほとんどスーツか、会社の作業着で実は私服を着る回数は多くないこと。
  • 意外と他人は自分の服を見ていない。

上記の事に気づき、多くの服は要らない。

自分に合って気にいった服を毎日着ることが休日を気持ちよく暮らせる事に気づきました。

そして大量に服を持っているときから、お気に入りに服は数枚しかありませんでした。

僕の場合多くて

  • トップスは3枚
  • カーディガン1枚
  • アウターは春夏2枚、冬用2枚
  • パンツは春夏用2枚、冬用2枚

全部で12枚でした。

また時間が経つとお気に入りが変わっている事にも気が付きました。

だからこそその都度お気に入りの服を更新しつつ、毎日を最高の日にしたい。

と考えはじめました。

実際に服の枚数を減らし、お気に入りの服だけを残すことで

服選びの面倒と片付けの面倒がなくなりお気に入りの服を着て最高の毎日にすることが出来ました。

うえっち
うえっち

不思議と気に入っている服を着始めると

おしゃれだねと言ってもらえる回数が増えました。

そこでやっと、大量の服は要らないことに気づくことが出来ました。

服のレギュラー制度を取り入れよう。

某会社員
某会社員

そんな事言われても、どうやって服を減らしたらいいか

わからないよ。

うえっち
うえっち

服の枚数をへらす為にオススメなのが

服のレギュラー制度です。

服のレギュラー制度とは

・持つ服の枚数を決めて、決めた枚数以上持たないようにする。

・新たな服を購入する際には、一着捨てる。

うえっち
うえっち

持つ枚数を決めて、それ以上増やさないだけ。

お気に入りと感じる服の枚数は多く出来ないと大量の服を持って実感しました。

だからこそ

  • トップスは3枚
  • カーディガンが1枚
  • アウターは春夏2枚、冬用2枚
  • パンツは春夏用2枚、冬用2枚

と自分の持つ服の枚数を制限しました。

新たな服を購入するときには、1枚捨てなければ購入しません。

今持っているお気に入りとの勝負なので妥協は許されません。

真剣に選んだ服だからこそ、失敗は少なく今着ている服が自分の一番だと感じる事が出来るようになりました。

お気に入りの服だけを着回すと、自然と服がヘタれる時間が短くなることに気が付きました。

今までの服は使い切って捨てれる感覚はなかったのですが、満足するまで使いきる感覚は

お気に入りだけを着ると決めたことで得ることが出来ました。

うえっち
うえっち

僕の場合12枚だけど

人によって枚数は変わると思います。

自分のベストを探して見よう!

服を減らすメリット

うえっち
うえっち

服を減らし、レギュラー化したことで沢山のメリット

を受けることが出来たよ。

 

特に大きく実感したのは

  • 自信をもって毎日を過ごすことが出来る。
  • 服を選ぶと片付けるの面倒な手間が減る。
  • 結果的に無駄使いが減る。

自信を持って毎日を過ごす事が出来る。

服のレギュラー制度を取り入れると毎日が楽しくなります。

  • お気に入りの服が洗濯してて着ることが出来ない。

  • 上下の組み合わせが初めてで似合っているか不安。
  • レギュラー化する前は

    自分に本当に似合っているか不安な服で出掛けることが多くありました。

    今は

    全ての服がお気に入りなので、毎日が自信を持って出掛けることが出来るようになりました。

    うえっち
    うえっち

    大量に服を持っても、自信がないから

    デートの時着る服って大体一緒じゃない?

    某会社員
    某会社員

    確かにデートの時の服って大体一緒だ、、、

    うえっち
    うえっち

    レギュラー服を着るってことは、毎日を勝負服で過ごす

    考え方なんだよね。

    服の整理と選ぶ面倒が減る。

    毎日の服の管理が楽になる
    うえっち
    うえっち

    正直、毎日服を選んだり片付けたりするのって面倒な人にはオススメ。

    某会社員<br>
    某会社員

    面倒なのはすごくわかる。

    毎日どれを着ていけばいいのか迷って朝の時間がなくなるし。

    枚数多いと洗濯も大変。。。

    服のレギュラー制度を取り入れることで服の面倒が減ります。

    • 全てお気に入りなので、毎日の服を選ぶ時間が手間と時間が減る
    • 枚数が少ないので管理する時間と手間が減る。

    うえっち
    うえっち

    特に全てハンガーで管理することが出来るようになって

    服の管理が楽になりました

    ハンガーでの服の管理方法は、下記記事にて紹介しています。

     

    うえっち
    うえっち

    服のレギュラー制度は服への満足度はアップでき

    時間の有効活用が出来るようになって最高です。

    無駄使いが減る。

    某会社員
    某会社員

    使うお金まで減るの?

    うえっち
    うえっち

    確実に服にかける金額が減りました。

    服のレギュラー制度に良い部分は購入する服の比較対象を明確に出来ることです。

    服の枚数を決めずに買っていたときには

    • あのパンツと合いそうだからとりあえず買ってみよう。
    • この服使い終わったら、寝間着にも使えるから買おう

    判断基準が曖昧で購入していました。

    今持っているお気に入りの服を捨てなければ買うことが出来ないと

    判断基準を設けたことで、服選びが本気の場になりました。

    服の満足度はあがって年間で使う服の金額が明らかに減りました。

    うえっち
    うえっち

    服のレギュラー制度は財布にも優しい。

    まとめ:僕たちの多くの服は要らない

    ミニマリストになるための服への考え方について書いて来ました。

    昔の僕自身いつの間にか多くの服を持つこと高い服を持つことがオシャレだと考えていました。

    ですが、服を減らしたことで

    自分に似合っている服を着こなして毎日を過ごすことがオシャレであることに気が付きました。

    いきなり、全てを捨てることは出来ないとは思います。

    ですが記事を読んで頂いた

    読者の方が明日お気に入りの服を着て出掛ける事が出来たら嬉しいです。

    最後まで読んでいただきありがとうございました。

    うえっち
    うえっち

    それではまたっ!!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました