高校時代に髪の毛がハゲた話。

高校生 ミニマル 髪の毛ミニマライクのススメ

今回は、ただ僕自身が好きに生きよう。

出来るだけ、ミニマルに好きに生きたいと思ったキッカケについて書いて行きたいと思います。

今、正直、辛くて死にたい。

今の場所から、消えたい

って思っている人がちょっとでも勇気が持てるようになれば嬉しく思う。

結論から話すと

高校時代時代にストレスからハゲてしまった

話をしようと思います。

はじまりは無視と心のモヤモヤから始まった。

僕は野球が大好きな少年だった。勝ち負けにもかなりこだわるタイプで、死ぬほど負けず嫌いだった。

中学から高校に上がる際に、迷わず高校野球を始めた。

そんな負けず嫌いな僕は、あんな硬いボールに向かって行くのだから

高校野球は全員が真剣に取り組むものだと思っていた。

けど全然そんなことはなかった。

高校野球をやる理由なんて、人それぞれ。

  • 勝敗関係なく野球が好きな人
  • キャッチボールが好きで野球を続けてる人
  • 親から言われて続けてる人
  • 友達がやってるから続けてる人
  • 勝ちたいけど努力はしたくない人

でもそれに気づかず、
本気でただ勝つために言いたい事、もっと直すべきこと

を学年も言い方にも注意を払わず、思っきり言っていた。

一年生のまとめ役にも選ばれた。


今考えるとちょっと世間知らずで、周りを見下してたんだと思う。

そんなやつを同級生や先輩達が良い思いをするわけもなく、ちょっとずつ無視が始まった。

うえっち
うえっち

今思えば無視されて当たり前なんだけどね。

最初は気づかなかった。

でもちょっとずつ、ちょっとずつ、みんな(と当時は思っていた)が僕の言葉に反応しなくなって

返ってくる言葉はキツくなるように感じた。

そんな、日常が続くと心のモヤモヤが溜まる。

本当に今まで感じたことが無い、心臓のあたりにモヤモヤが溜まる。

笑ってる時も、動画見てる時も、風呂も、ご飯も、ずっと心にモヤモヤが残る。

どうやったら良いかがわからないから、悩み続けるし、頭も心もバラバラでしんどい日が続いた。

10円どころか、普通にハゲた

そこから、大きな事件(僕にとって)が起きた。

秋の一年生だけの大会があった。
あまり強くない僕たちの高校は奇跡的に県のベスト8まで勝ち上がっていた。

そんな大事な準々決勝で僕は勝っている場面でエラーをして負けた。

野球の実力は他の部員にも負けてないって思ってた中、自分のエラーで負けた。


それは唯一と言って良いほどの支えだった、野球に自信が無くなったことは

自分の心を折るのに充分だったんだと思う。

一年生大会が終わって、数週間たったある日、母に

あんた、ここハゲてんで!?

と、後頭部をさされた。

鏡で確認すると、マジで本当に髪の毛がなくなっていた。
しかも野球部員で坊主だからめちゃくちゃ目立った。

うえっち
うえっち

男子校でよかった〜〜

なんて、楽観的すぎる考えが、その時浮かんだのを覚えている。

多分、高校が男子校で楽観的になれたけど

普通の共学で女子が居たらもしかすると、引きこもりにはなってたかも知れない。

心のバランスがおかしいは

本当にやばい事を楽観的に

大したことのない事に本気で悩むことが多かった。

そしてハゲは10円から、どんどん500円、1000円、10,000円とサイズが大きくなっていった。

最終的には、ほぼハゲだった。

その時には

  • 血尿が2日に1回のペースで出た。
  • 朝起きたら、枕には髪の毛がびっしり。
  • 常にイライラした状態。

って今考えるとおかしすぎる状態だった。

身体が異常を教えてくれてたんだと思う。

ついでに高校時代にハゲたおかげで

  • 育毛剤は18歳以下には使えないこと。
  • 皮膚科に行ってもハゲは治せないこと

をはじめて知った。

そして良く、広告で出てくる育毛剤の「髪の毛はストレス原因で抜けます」

は本当だと実感した。

僕がハゲた理由

僕がハゲてしまったのには

  • 自分を客観的にみれなかったこと
  • 人に期待をしまくっていたこと

が大きかったんだと思う。

高校時代に、野球の実力だけを見て

他人の言動に関して全く客観的に見られなかったこと。

他人はこう言ったらこう動いてくれるだろうという常に持っていた期待。

期待を持ってお願いしても

相手にその期待は伝わらないから、基本的には自分の思い通りの期待は裏切られる。

でも相手は裏切ったつもりなんて一つも無い。

だって勝手に自分が期待してそれを伝えてないんだから。

結局は期待しすぎる事ってのは他人に依存してるのに近くなっていくこと。

そして依存はいろんな意味で身体を壊すことを、身を持って体感した。

うえっち
うえっち

最終的には自分のせいなんだけどね。

改善したのは、筋トレ、友達、読書

もしかすると、高校生から死ぬまでハゲの運命だったかもしれない。

そんな僕がハゲを改善出来たのは

  • 中学から友人達と遊び機会が出来た。
  • 教室でも居場所がなくなって図書室に逃げ込んで貪るように読書をした。
  • 冬のトレーニング期間で筋力トレーニングが始まった。

ことが大きかったと思う。

  • 友人、遊んで自分が間違っていた事を知り
  • 読書で自分が見ている世界が小さいこと、この場所で失敗しても次があること
  • 筋トレで正しい努力をすれば自分を変えられること

を知って、行動できたことが大きかった。

悩みって、「知らない事」と「自分は変わることが出来ない」って思い込みから始まってたことを知った。

うえっち
うえっち

筋力つくなら、ハゲも治るんじゃないか?って安易な考えを持てたんだよね。

中学から友人と遊ぶ時間で、自分は一人じゃないことを感じて

自分を伝える努力を高校では全くしていないこと。

読書で色んな生き方を知って、自分が見てる世界はめちゃくちゃ狭いこと。

筋トレで自分を変えることは可能なことを知れたこと。

タイミング良く、行動しなかったら多分、今もハゲてたのかも知れない。

だから僕は、ミニマルに好きを生きたい

こんな経験から、僕自身はミニマルに好きを生きるって考え方がフィットしたんだと思う。

  • 自分が残したいモノだけ残して、身軽に生きれる事。
  • 自分の好きって思えることを優先的に生きれること。
  • 他人や場所に依存しすぎずないこと。

新しく買うモノに期待して、今あるモノに期待して、、ってのはやっぱりどこか心苦しい。

モノを減らして見ると、ハゲを改善出来た時と同じ気持ちになる。

別に今更、その時の無視した連中が悪いとも、全く思わない。

その環境を選んだのも、その環境に向かうように行動したのも

その場から逃げなかったのも、その場から逃げたくなかったのも自分だったこと。

だから後悔はしてない。

ハゲたおかげで他人に期待をしすぎない性格になって、人生は楽に、楽しくなってる。

確実にハゲた後では、人に優しく出来るようになった。

だから今、本気で苦しんでる人は、もっと自分のことだけ考えていい。

自分に真剣に慣れない人、が他人に本当の意味で真剣になれないと思ってる。


学校がどうだとか、チームがどうだとか、会社がどうだとか、家族がどうだとか。

マジでどうでもいいから、一歩自分のことをしてみよう。

その場から離れてみるのも一歩。好きなことをするのも一歩。モノを捨てて見るのも一歩。

本当にだめなときには身体が教えてくれるから。

もっと自分の気持ちに素直になって、だめな時は離れてみてほしい。

ただのハゲた高校生の感想でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました