【要約】お金の減らし方。森博嗣さん。好きで生きる為の必読書

1人暮らしの節約術
うえっち
うえっち

なんのためにお金をためているのか?を考えるうえっちです。

今回は好きに生きる為に

どうお金を使って行けば自分の好きに生きることが出来るかを考えられる本を紹介したいと思います。

本記事は

  • お金の使い方を考え直したい。
  • 満足できるお金の使い方を知りたい。
  • 自分の好きがわからない。

上記の内容で悩んでる方がヒントを得ることが出来る記事になっています。

本当に自分の為のお金の使い方ができているのか?と不安な方には大変おすすめの記事になっていますのでぜひ御覧ください。

【お金の減らし方】とは?

ドラ
ドラ

すごいタイトルだね。

うえっち
うえっち

タイトルもすごいけど、始めにの部分が更に衝撃だったんだよね。

最初のまえがきで、筆者の森博嗣さんは

森博嗣は天下御免の天の邪鬼である

と始まっています。

元々はお金の増やし方を書いて欲しいという依頼が出版社から来て、

うえっち
うえっち

お金の減らし方という本を書いてしまったという面白い内容から始まりました。

森博嗣さんは、大学教授時代の貧乏生活のなか、どうしても趣味の模型を走らせる土地が欲しいという思いから、副業で小説を書き、印税だけで20億近くも稼いだそうです。

そんな天の邪鬼な森博嗣さんが書いた本書ですが勉強になった部分が沢山ありました。

いいお金の減らし方とは?

本書では

欲しい物に夫婦で給料の2割を使う。

と奥さんとルール化したそうです。

優先順位が

必要な物ではなく、自分が本当に欲しいと思った物にそれぞれ1割使うというルールです。

ドラ
ドラ

欲しい物??貯金や必要な物じゃなくて?

うえっち
うえっち

そう。欲しい物を優先するお金。

本書では自分のこころを守る防衛費ってことで森博嗣さんは紹介しています。

僕達の生活では必要なものでお金を使うことが沢山あります。

  • 食費
  • 家賃
  • 光熱費
  • 服代
  • 交通費
  • その他雑費

生活していく上で、最低限上記の金額がかかります。

生活費をから余ったお金で自分のしたいことを考えて行く方がほとんどだと思います。

ですが本書では

必要な物にはお金を出し渋った。

お金の減らし方より

とのこと。

重要なのは誰の目も気にしない、自分が本当使いたい好きなこと、やりたいことにお金使う事だと述べられています。

うえっち
うえっち

本当の意味で自分の為に使うお金を1割用意する。

それが自分の心を守るお金になる。

重要なのは

他人ではなく自分の本当の欲しい物、やりたい事に使うこと

本書内でも上げられていますが、

  • 友達がブランドものを買ったから自分も買ってしまった。
  • 自身は欲しくもないのに親兄弟が家は絶対に買うべきということで購入した。
  • SNSで他人に自慢するためだけに購入した

と他人にマウントや見栄を張るためだけにお金を使ってしまう人が多くいる。

僕自身もそうなってしまう場面が多くあります。

ですが、本書では他人に見せる為にお金を使うことは

他人の為にお金を使っているのと変わらない

と。

誰にも理解されなくても、自分だけが楽しめる事にお金を使う価値観に惹かれました。

あくまでお金とは目的を達成させる手段

筆者である森博嗣さんは人が乗れる鉄道模型が欲しくて、何年も500円玉貯金をしながら20万近く貯めて購入したそう。

そこから、購入した鉄道模型を走らす土地が欲しくてバイトとして寝る時間を減らして小説を書きはめて、20億以上の印税を稼ぐ程になった。

と紹介されています。

重要なのはお金が欲しくて稼いだのではなく

土地が欲しくて、お金を稼ぐ事を考えた

ことだと思います。

本書内でお金を使いたい症候群に陥ってる方に

 

順番が違うのである。自分には欲しい物がある。それを手に入れる為にお金が必要だ。だから少し我慢をして働き、お金を得て、あるいは貯めて、その上で目的が達成される。

お金の減らし方より

 

うえっち
うえっち

あくまでお金は手段であって、目的では無いことがわかります。

 

だからこそ、印税で20億以上お金が入ってくるようになっても、生活としては大きく変わらなかったとのこと。

僕たちの生活はいつの間にか、お金を稼ぐことが目的化してしまっています。

うえっち
うえっち

大事なのは、お金の為に働くのではなく、何を得るために働くのか。

お金を増やす方法。

本書では、お金の増やす手段として、株や不動産投資は一切出てきません。

お金の増やし方として先程上げた(投資、ギャンブル)どの方法よりも有効なのは実は自分自身の仕事能力を高める事であり、もっと簡単な言葉でいえば【勉強】である。

お金の減らし方

とお金をもっとも確実なお金の増やし方は【勉強】であることを紹介されています。

ドラ
ドラ

勉強!?もっと楽して稼ぐ方法ないの!?

楽して稼ぎたいという考えは誰でも持っているとは思いますが、

楽して稼ぐ方法が無いことを薄々感じ始めている僕たちに現実を教えてくれています。

20億もの印税を手にいれる為に行動した森博嗣さんの仕事論も奥が深く、現実的にどうお金を増やしていくのかを本書内で伝えてくれています。

うえっち
うえっち

仕事論についても述べられていて面白いですよ。

まとめ:お金の正しい減らし方は究極の自己満足

まとめると本書では

  • 収入の1割を好きなことに使う
  • 他人に左右されない自己満足こそが良いお金の減らし方。
  • 満足は自分で作る。
  • 欲しい物、したいことがあってのお金を増やす方法を考える大切さ

とお金について新たな価値観と重要性を教えてくれています。

今現在

  • お金の使い方に悩んでる。
  • 他人の価値観に振り回されてしまう。
  • 何にお金を使えばいいかわからない

と悩んでる方には

うえっち
うえっち

読むとお金の使い方が変わる一冊になっています。

 

気になった方はぜひ読んでみてください。

それではまた他の記事で!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました